初心者

添加物が入っている青汁でも栄養になるのか

意外と知らない人が多いかもしれませんが、青汁と言いましても添加物が含まれている種類があるのをご存知でしょうか?「え!?青汁って100%の原料を使って作られているんじゃないの?」と驚いてしまいますが、青汁の中には添加物が入っているものもあるのです。
最も分かり易い添加物としましては甘味料が挙げられます。
何しろ青汁の原材料というのは野菜となりますので、原料だけでそのままですとあまりにも青臭くて不味くなってしまうからです。

しかし、現在における青汁市場で人気となっているのが「美味しい青汁」「飲みやすい青汁」となります。
このことから各青汁メーカーhttp://arlosites.com/04yasai.htmlでは甘味料を添加し、青汁を美味しく仕上げているワケです。
もちろん添加物が含まれていると言いましても青汁本来の栄養価は失われていませんのでご安心ください。

しかし、この甘味料というのはカロリーが砂糖の約半分、つまりちょうど良い甘さであるために、虫歯にもなり難いという優れものとなっています。
現在では非常に多くのダイエット食品にも使用されるようになってきており、健康に害を与えてしまうようなことはありません。
中には「青汁に甘さを求めるなんて邪道だ!」という方もいるかもしれません。

そのような方にとってはこの甘味料は邪魔者でもなんでもありません。
また同じ青汁に使用されている甘味料だったとしても「アスパルテーム・L-フェニルアラニン化合物」を使用している青汁も販売されています。
この人工甘味料というのは砂糖の200倍の甘さを誇っており、コカコーラゼロなど様々な清涼飲料水などに使われています。
もちろん、健康には害は無いことから使われているのですが、一説によると脳腫瘍や発がん性を指摘している研究も報告されていることから、これら咲きの論争に注目をしたいところです。
それでも今までこの甘味料が原因となって、重大な病気を起こしてしまったという報告はありませんので安心して甘くて飲みやすい青汁http://www.darkersideofgreen.com/04yasai.htmlを楽しんでください。

Copyright(C) 2013 体に欠かせない栄養素 All Rights Reserved.