初心者

離乳食に青汁を混ぜても大丈夫?

野菜が嫌いであまり普段の食事の中で野菜を食べないような子供に是非ともオススメしたいのが青汁となります。
青汁を飲むことにより、野菜が持っている殆どの栄養素を身体に吸収させることが出来ます。
ただし大人と同量を飲んでしまいますと、お腹を壊してしまうことになりますので、目安量の半分程度にしておきましょう。

次第に慣れてくることによって、徐々に増やしていくという方法が最も良いかもしれません。
しかし中には青汁の味に抵抗があり、飲んでくれないなんてこともあります。
最近ではとっても飲みやすい青汁http://www.ericclapton.me/a_006.htmlが多く発売されてはいるのですが、子供の味覚というのは特に嫌いな味に対して過敏に反応してしまうものです。

そういった場合には飲み方に工夫をしてみると良いかもしれません。
例えば牛乳に混ぜるといった方法もありますが、もし子供が毎日ジュースを飲んでいるようでしたら、そのジュースの中に混ぜてしまうのも良いでしょう。
ただ、味は問題無いのに緑色が混ざっていることで気味悪く思ってしまう可能性があります。

そんな場合にはおやつや食事に混ぜてしまいます。
特におやつというのは、毎回手作りのおやつでしたら、お母さんの方でカロリーのコントロールをすることが出来ますので、栄養タップリの好ましいおやつを作ることが出来ます。
また食事http://www.developerdex.com/a008.htmlに混ぜることによっても大きなメリットがあります。

粉末の青汁の場合、野菜をどんなに細かく切るよりも、さらに細かな野菜を簡単に加えることが出来るのです。
また粉末の青汁というのは水に溶けるタイプとなっていますので、どのような料理に対してもあっさりと混ぜることが出来るでしょう。
子供というのは親が飲んでいると、それを欲しがって飲み始めるということもあるようですので、もしかしたらお母さんが飲みやすい青汁を子供の前で飲んでいたら関心を持ち始めるかもしれません。
また離乳食に混ぜる時には、ごく少量にしてください。
赤ちゃんの場合は、ちょっとしたことで過剰摂取となってしまいますので、お腹をすぐに壊してしまいます。
手でつまむ程度の量で最初のうちは十分です。

Copyright(C) 2013 体に欠かせない栄養素 All Rights Reserved.