初心者

大麦若葉の青汁とケールの青汁の違い

殆どの青汁に使用されている原料としまして、ケールや大麦若葉、そして明日葉などといった栄養価の高い植物が使われています。
ケールだけで作られた青汁、大麦若葉だけのもの、また中にはこれら全ての原料が配合されているものなどもあり、青汁の商品によりまして、原料に大きな違いがあるのです。
青汁で代表的な原料としましては、ケールと大麦若葉が挙げられますが、これら両者にはどのような違いがあるのか簡単にご説明させていただきます。

まずケールというのはアブラナ科の野菜であり、キャベツの一種となります。
しかしキャベツと異なっており、ケールというのは一年中栽培することの出来る野菜であり、非常に丈夫でさらに生命力の強い緑黄色野菜なのです。
かなりクセを持つ味となっている為に、ケールそのものを野菜として食事の中で食べることは殆どありません。

ただ、非常に高い栄養素をバランスよく豊富に含まれていることから、効率よく栄養素を摂取する為に、青汁の原料http://www.badmintonvm.com/Raw.htmlとして使用されているのです。
ケールに含まれるビタミンAというのは、人参の約2倍、またカルシウムに関しても牛乳の約2倍以上含まれているのです。
さらにタンパク質も豊富で、ビタミン、ミネラル、食物繊維などといった栄養素がいっぱいです。

このケールだけを摂取するだけで必要な栄養素の全てを補う事ができるのです。
また大麦若葉http://www.actoguitar.com/oom.htmlというのは、大麦が実をみのらせる前の葉っぱとなります。
イネ科の植物であり最古から栽培されている植物として知られています。

ケールと比較をしますと栄養価は多少劣ってしまいますが、普段私たちが一般的に食べている野菜と比較しますと、その栄養価は遥かに高くなっています。
ケール同様に、ビタミンやミネラル、食物繊維、などといった豊富な栄養素がバランスよく豊富に含まれています。
さらに嬉しいことに活性酸素を抑制させることの出来る抗酸化成分も含まれていることから、様々な病気を予防したり、改善することが出来るのです。
最近の青汁はこの大麦若葉が主に使われている傾向にあります。

Copyright(C) 2013 体に欠かせない栄養素 All Rights Reserved.